豆乳クッキーダイエットのデメリットは?

豆乳クッキーダイエットのデメリットもあるでしょ?

 

豆乳クッキーダイエットは、しっかりとした歯ごたえがあってダイエットをしている人の強い味方ですが、意志が弱い人だと、1日で挫折してしまうというデメリットもあるんじゃないかと思います。
美味しいのは勿論何だけど、一枚あたりのカロリーが低いから、

 

あと一枚なら大丈夫。もう一枚くらい大丈夫。・・・

 

なんてやっていると、気がついたら全部食べちゃってた…なんていうことにもなりかねませんよね。
このカロリーの低さをしっかり把握して計算しながら、何枚以上は食べない。
って自分で決めることができないと、ちょっと難しいかも知れません。

 

7枚が一食分に小分けされていますので、目標は7枚で頑張りましょう。
それと、クッキーとかクラッカーなどのお菓子があまり好きじゃない人は、続けるのが難しそうですよね。
モソモソして食べにくいとか、顎が疲れるなんていうことがあるとダイエットのためなのか我慢大会なのか、わからなくなっちゃうこともありそうです。

 

豆乳クッキーダイエットのデメリットって言っても、体に害を与えたりするようなものじゃないから、大したことないと思えれば良いけど、お金を払って買うものだし、そもそも置き換えをするということは、食べながら痩せたいって気持ちが強いから、食べにくいとか、反対にラインが引きづらくて食べ過ぎちゃうなんていうことがあると、笑顔でダイエットを続けるのが難しくなっちゃうなんていうこともありそうですよね。

 

食べにくいって感じる人は、コーヒーとか紅茶に少しつけて食べたりとかすると食べやすくなってダイエットも続くのかなって思います。
工夫次第で豆乳クッキーダイエットのデメリットを解消できそうですね。

 

 

クッキーダイエットトップページ